メニュー

腹部エコー検査

正式には腹部超音波検査と呼ばれています。
腹部皮膚表面部分に超音波を発信する装置をあてて、内臓からの反射波を、電気信号にかえてモニターに写します。
きれいな画像が得られるように、装置をあてる部分にはゼリーを塗ります。
肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、場合により消化管に異常があるかなどを調べます。
なお腹部エコーでは、患者さんの体型や状態により、超音波が入りにくい場合があるため、全域を観察できないことがあります。

当院の腹部エコーの流れ

検査当日

検査当日朝から検査直前まで、食べ物は避けて、水分摂取はお茶かお水にして頂きます。

検査時

検査時間は、10~15分程度です。痛みや苦痛はありません。

検査後

特に注意点はございません。

*腹部エコーは診察中や午後に行うこともあります。その際は上記とは異なります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME